So-net無料ブログ作成

花を見ながら南へ歩く [モンシャウ 2015 夏]

観光の目玉とか、これだけは押さえたい見所とか、

そういったものには特にこだわりはなく。

自分の心でひかれたものを、好きなだけ見て歩くのが好き。

dmsag1d1.jpg
2015年8月、夏休みに出かけたドイツMonschau モンシャウ旅のお話の続き。

門扉にかけたプランターにベゴニアが咲いてたお家。 

花の中央の黄色い部分を見ると、鶏卵素麺を思い出す。

dmsag1d2.jpg
マルクト広場から一旦ホテルに増えた荷物を置きに帰ったあとのお話。

Rur ルーア川。 福音教会とホテルの間にかかる歩行者用のを、もう一つの車も通れるから見る。 
どちらもゼラニウムヒューケラなどの寄せ植えプランターで華やか。

奥の緑の上に見えるのは、展望台もあった廃墟の塔Haller ハラー
さっきは高いところまで登ってたんだな、と改めて見返す。

dmsag1d3.jpg
今度の散歩は、通りをのほうへと進んでいく。 建物の間を使ったテラス席もおしゃれ。

吊り下げられた鉢には白のペチュニア、奥にはフクシアも。

dmsag1d4.jpg
植物いっぱいの店先。 お花屋さんかと思ったら、レストラン。 

dmsag1d5.jpg
かわいい寄せ植え窓辺。 こういうのって、憧れる。 でも、実際はが怖くてできないんだけど・・・。

dmsag1d6.jpg
散歩のお目当ての一つは、このお店。 焙煎珈琲屋さん。 

好みを伝えて、いろいろ見せてもらう。 挽かずにのままで購入。

dmsag1d7.jpg
ショーウィンドーには、様々なコーヒーミルも並んでいた。

コーヒーミル手動がいいね。 
電動ミル静電気のせいで、プラスチックのケースやパーツにがついて取れなくて。

dmsag1d8.jpg
他にもお店に寄りながら、南下。 これもペチュニアかな。 のある街っていいなぁ。

dmsag1d9.jpg
川沿いの道だから、川が右へカーブしてるのと同様に、曲がり道。

これを撮ってるすぐ右手にある建物には・・・

dmsag1d10.jpg
・・・壁にクモのオブジェが。 かなり巨大なのだった。

dmsag1d11.jpg
曲がり道を超えたところで、振り返ってみた石畳

dmsag1d12.jpg
家並みが途切れ、にかかるがあったので渡ってみる。 やはり、の流れは水が少なめ。

dmsag1d13.jpg
子供たちが遊ぶ小さな公園の横を抜けると、これまた小さな礼拝堂があった。

Antonius Kapelle アントニウス礼拝堂という名のよう。

その横を抜けていくと、またへと登る遊歩道があったので・・・

dmsag1d14.jpg
・・・上がってみると、展望台広場にでた。 下にルーア川アントニウス礼拝堂が見える。

こう見えても、そんなに高いところにあると言うわけでもなく、
生い茂る木々もあって、街の方は連なる家々の屋根や、
遠くにハラーの廃塔、白い幟の立つ石造りのバルコニー風展望台が見えた程度。

dmsag1d15.jpg
せっせと上がってきたのは、緑に囲まれた木の階段。 

もっと上にも続く道もあったけれど、我が家はここで引き返した。

この日は、もうすでにかなりの高低差を、たくさん上り下りもしてるしね・・・。

dmsag1d16.jpg
途中、いろんな植物を楽しみながら歩く。 さやの中の透けた豆粒。

dmsag1d17.jpg
暑い中、名前は分からないけど、斑の葉っぱの植物が爽やかだった。 中央に小さな白花

dmsag1d18.jpg
歩いてきた川沿いの道をゆっくりと戻っていく。 

木組みの見える壁。 映った影も優しい夕方。 時間は17:45頃。

dmsag1d19.jpg
ホテル近くのルーア川に架かるで見た、白い花。 ナス科っぽい感じ。

さて、今夜は何を食べようかしらね。


・・・と、モンシャウに到着した初日の夕食の話へと続くのだった。

自分で料理しないというのが、私の旅の楽しみの一つ^^。

nice!(41)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

nice! 41

コメント 17

engrid

花のある街なみ、窓辺、いいですよね
石畳も、、建物の間のテラス、座っていたいわ
クモのオブジェにはビックリな遊び心
歩いてお散歩は、旅ならでは楽しみがいっぱい
街歩きは、視線の先にわぉ!がありますものね
by engrid (2015-09-25 17:54) 

ぴーすけ君

ドイツのイメージの写真だわぁ~。
by ぴーすけ君 (2015-09-25 20:12) 

ナツパパ

自家焙煎の店があるのですね。
コーヒー大国ドイツでも、自家焙煎の店は減っている、と聞きましたが、
こういう風な店があるのはいい街なんだなあ。
ミルは手動に限ります。
わが家は、毎朝のことなので電動なのですが、たしかに静電気で飛び散った
コーヒー粉の始末は面倒です。
by ナツパパ (2015-09-25 20:19) 

めぎ

自家焙煎の豆に手動ミル、お洒落ですね~♪
うちなんて電動ミルのそれも安いプロペラ式ですよ~
しかもそれでエスプレッソを挽いているし、豆はスーパーのです!
静電気については気になったことがなかったです。
どうせ毎日1~2回使っているので、静電気でへばりついた粉はそのまま放置。
いやあ、うちって、いい加減♪
by めぎ (2015-09-26 07:04) 

母ちゃん

遠くから見た街の雰囲気と違って、中はお花があって柔らかな印象ですね~。テラス席も素敵。

by 母ちゃん (2015-09-26 07:51) 

ハリネズミ

最後のナス科のお花、ツルハナナスですね。
見慣れたお花も異国の風景の中で見ると新鮮な魅力♪。
斑入りの葉っぱの白いお花、すてきですね。
アジサイの恋路ヶ浜にも似てるけど、近種かしら。
窓辺にお花、やっぱりすてきですね^^。
by ハリネズミ (2015-09-26 09:59) 

TaekoLovesParis

木組の家があると、写真が映えますね。実際、見ても、素敵なんでしょうね。白い壁にお花はアクセントになりますね。お花は夏だけあって、元気いっぱい。植木鉢の使い方が上手。Inatimyさん、虫が苦手なのね。私だって好きじゃないけど、小さいのなら、ガマンできます。
今日は、これから、ドイツ語のレッスンです。コーラスでドイツ語の発音が悪すぎだから、皆で習うことになったの。
by TaekoLovesParis (2015-09-26 15:36) 

MIKUKO.

蜘蛛のオブジェの写真で暫く止まりました ♪
前回、互いにクモの話をしたばかりですよね(笑)
この旅なら、写真をいくら撮っても撮っても足りなさそう。
一歩進む度に何枚も撮れそうだし、
で、なかなか先に進まないって感じじゃないでしょうかね ^^
by MIKUKO. (2015-09-26 15:37) 

mitu

べゴニアの花の中央の黄色くてまるいの、カワイイしナンダカ美味しそうです
確かに、玉子系ですね~(^_^)
by mitu (2015-09-26 19:17) 

けん

よさげな街並みですね(^^
映画のヒトコマみたいです♪
でも蜘蛛が壁をあるいているのはいただけない・・・。
アイツとGだけはでっかいの苦手なんですよね(^^
by けん (2015-09-26 20:20) 

coco030705

こんばんは。
最初の濃いピンクのベゴニアがきれいですね。黄色の部分が鶏卵素麺に似ているというのが面白いですね。あのすごく甘いお菓子でしょう?お好きですか。
ドイツはやはり街が美しいですね。私はボパード(?)というところでラインくだりをしたのと(ローレライの岩をみました)、ハイデルベルグへも行きました。とても清潔できれいでした。食べ物も珈琲もおいしかったです☆
by coco030705 (2015-09-26 21:48) 

luces

景色のどこを切り取っても美しくて可愛らしい
そんな感じですね。

by luces (2015-09-27 08:53) 

shino*

蜘蛛のオブジェ楽しい♪
家に欲しいかも
Gを食べてくれるかな
さやの透けたのも面白いですね^^
by shino* (2015-09-27 10:13) 

miffy

どのお家も可愛らしくて素敵ですね。
特にレストランの造り、私好みです♪
花の飾られた窓辺って憧れです~
自分の好みで焙煎して貰えるコーヒー豆屋さんも良いですね。
あてもなく街をぶらぶらしながら興味深い物を見つけると嬉しいですよね^^
by miffy (2015-09-27 13:50) 

カエル

どうどうと。
いいですね~。
by カエル (2015-09-30 09:32) 

momo

身悶えするほど素敵な可愛い街(村?)並み♪
行ったら帰りたくなくなりそう。
by momo (2015-09-30 20:13) 

Inatimy

→皆さま「花を見ながら南へ歩く」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。天気が良いうちに、と街に着いてから歩きづくし^^;。それでも回れてしまうこじんまりした街なのでした。花のある街はいいいなぁ・・・と写真を見返してます。

→engridさま
建物の間のテラス席もおしゃれな感じで、ここでのんびりもいいでしょうね〜・・・花蜂が来るのがなんですが・・・。クモ、白い壁にくっきり大きく、遊び心いっぱいですよね〜^^。

→ぴーすけ君さま
ドイツってこんな感じのイメージ強いですよね^^。木組みで、石畳で、お城もあったりして・・・あと城壁のあるところもあるかな。

→ナツパパさま
我が家ふたりお茶も珈琲もよく飲むんですよ^^。だから旅先ではお土産代わりにも。お茶も茶葉やティーバッグ、10種類は常備してるかも。電動ミルは静電気が困りますよね・・・わたし自身も静電気を貯めやすく・・・^^;。我が家は平日の朝はお茶やハーブティー、夕食後や休日は珈琲に。

→めぎさま
自家焙煎に手動ミル、これは我が家のたまの贅沢です^^。普段はスーパーでも売ってるオランダのメーカーのDouwe Egbertsのすでに挽いてあるタイプので。電動ミルは日本にいた頃に使ってたんですが、あまりの静電気に嫌気がさし、置いてきました^^;。ついてる粉、掃除しないと酸化してくるのもあって。

→母ちゃんさま
いたるところに花が飾られてる街でした^^。美しく街を保とうとしてるのが好印象ですよね。テラス席もいいですよね。夏は人気だし♪

→ハリネズミさま
やっぱり、ツルハナナスだったんですね、自信がなくて書けず・・・^^;。斑入りの葉っぱの白い花、これすごく爽やかな雰囲気で。ガクアジサイかしらと思ったんですが、中央の小さな花だけしかなくて。涼しげですよね♪ アジサイの恋路ヶ浜も素敵♪

→TaekoLovesParisさま
木組みの家、本当に素敵でかっこよく、こんな家に住んでみたいです^^。花の飾り方、植木鉢の使い方、参考になるのがたくさんありました。窓辺に花も憧れなんですが、問題は虫・・・特にイモムシ系がダメです・・・。アブラムシはちょっと慣れましたが、いないのに越したことなく^^;。こっちの野菜、たまに芽キャベツやブロッコリーに小さなイモムシがついてて泣きそうに・・・。ドイツ語のレッスン、いいですね〜。旅にも役立ちそう♪私は住んだ時に3ヶ月学校に通いましたが文法は理解できても会話や聞き取りがダメで^^;。どこの国行っても言語は私にとって険しい道のり・・・。

→MIKUKO.さま
ふふ、先日クモの話の時に、このオブジェのこと思わず書きそうになり、ギリギリ留まりました^^。普段の散歩でも旅先でも、我が家ふたりともがカメラでいろんなものを撮ってるので、本当になかなか進まないんですよ^^;。PCのアルバムに画像取り込んだらふたりの写真が合わさって、連続写真みたいになってたり。

→mituさま
ベゴニアの中央の黄色い部分、美味しそうでしょう?鶏卵素麺ってお菓子、こんな感じなんですよ。すごく甘いんですけど。

→けんさま
クモとG、苦手なんですね^^;。子供の頃、壁に手のひらサイズのクモがいた時には泣きました・・・。Gも嫌ですよね、あれ。我が家ではジョニーってよんでます^^。幸い、オランダの家では見たことがなく♪ 

→coco030705さま
私はオランダに来てからKamoさんの話で鶏卵素麺のことを知って、一時帰国の時に買ってきてもらって食べました。すごーく甘くて、食べるのは数年に一度でいいかな^^。その後、ベゴニアの花をまじまじ見た時に、あ、鶏卵素麺!と。ドイツは綺麗な街が多いですよね。ライン川沿いの街もいくつか泊まり、ハイデルベルクも行ったことがあります^^。大きなワイン樽が印象的で、歩いてお城に上った時に、また坂道が苦にならないうちに来られるといいな、と思った覚えが^^;。

→lucesさま
どこを見ても絵になる街でした^^。昔きた時は秋には入ってからだったので、もっと静かでしっとりした雰囲気。いろんな街の面が見えますね。

→shino*さま
これだけ大きなクモだとGも丸呑み? オランダの家ではGを見ないのでホッとしています^^。さやの透けたの、たまたま歩いてて気づいたので、撮れました♪

→miffyさま
花屋さんかと思ったほど花がいっぱいのレストラン♪壁にメニューがなければ気づかなかったほど。珈琲豆屋さん、お店の人もすごく親切で、あれこれ説明してくださいました。ぶらぶらと歩いて、お店を見て、植物も見て、自然の中も堪能できるいい街です^^。

→カエルさま
歩いても歩いても興味は尽きることなく、楽しい刺激がいろいろでした^^。

→momoさま
こじんまりとしたサイズの可愛い街並みで、ずーっといてもいいかなと思えるような感じです^^。賃貸の家のプレートを見て、もしここに住むことになったら・・・と夢を描いてみたり・・・夢みるだけはタダですものね♪
by Inatimy (2015-10-01 00:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。