So-net無料ブログ作成

ウィーンでギリシアに導かれ [ウィーン 2014 冬]

まるいガラスのある窓が、

たまらなく好き。

awndc5d45.jpg
2014年12月に行ったオーストリア旅のお話。 ウィーンでの5日目の続き。

マリア・テレジア広場や、王宮の敷地を通り抜け、
ミヒャエル広場で、その中央にある古代ローマ時代の遺跡をちらっと見て、
シュテファン大聖堂北塔に上り、北へと向かってアンカー時計を見学。

そして、空腹を抱えたまま階段に魅了され、小路に引き込まれたところ・・・

awndc5d46.jpg
・・・先を歩いていたKamoさんが、ちょうどここにレストランがあると言う。

なので、入ってみた。

awndc5d47.jpg
飲み物は、ふたりともJohannisbeere Nectar 黒スグリ(カシス)のネクターを。

オーストリアのWachau ヴァッハウ渓谷あたりのらしい。
紙のラベルのついたボトルだと高級そうな感じ。 
製造社のオンラインショップで見たら200mlほどで1.50ユーロ(約192円)だった・・・。  

awndc5d48.jpg
オーダーしたのは、ウィーン風ターフェルシュピッツ。ブイヨンで煮込んだ牛肉。 

リンゴのピューレとホースラディッシュ(西洋ワサビ)の混ぜたソースや、
チャイブのかかった白いソース、
それにジャガイモのローストがついていた。

到着した日にも他の店で食べていたけど、さっぱりしてて、もたれないので、
この旅でのお気に入りのウィーン料理

awndc5d49.jpg
Kamoさんのは確か、鹿肉の煮込みみたいので、コロッケ付き。 甘いベリーのソースもかかってた。

awndc5d50.jpg
部屋には、私たち以外1〜2組だったように記憶する。 ゆったりした気分で食事を楽しめた。

お客さんがいなくて閑散としてる訳ではなく、このレストランには小部屋がたくさんあるのだ。
このテーブルまで案内されて通ってきた小部屋はかなり賑わっていた。

awndc5d51.jpg
最後にエスプレッソをいただいた。

awndc5d52.jpg
レストランの名前は、Griechenbeisl グリーヒェンバイスル。 食後、外に出るまで名前は知らず。

後で調べたら手持ちのガイドブックには、ウィーン最古のレストランと紹介されていた。
いい記念になったな。 扉や窓のガラスがオシャレだ。

awndc5d53.jpg
1500年とあるけど、小路からの入り口のアーチには1447の年号もあった。 とにかく古そう。

もともとは、飲んだり食べたり泊まったりの宿屋さんだったらしい。

本物の植物いろいろに、クリスマスの飾り。 エントランス上のランプも可愛かった。

awndc5d54.jpg
このレストランがあったのは、Griechengasse グリーヒェンガッセの小路の端っこ。

awndc5d55.jpg
壁にはツタが。 紅葉して散ったのもあるよう。 小さな黒い実もたくさんなっていた。

この右隣には・・・

awndc5d56.jpg
・・・立派な建物。 2色使いの煉瓦で模様入り。 アーチの窓に金の装飾。 教会のようだった。

awndc5d57.jpg
入り口は開いてて、他の観光客も入って行ったので、後に続いた。

awndc5d58.jpg
入ったところは、広々としたエントランスホール。 アーチに柱が奥まで。

awndc5d59.jpg
柱頭には天使がいた。

この教会は、Griechenkirche zur Heiligen Dreifaltigkeit 。
直訳すると聖三位一体ギリシア正教会・・・なのかな。

awndc5d60.jpg
天窓のようなのがある部分から吊り下げられたランプ

この奥に聖堂の入り口があるのだが、中はあまりにも厳かな雰囲気で足を踏み入れる勇気もなく。
写真を撮るのもはばかられ、外からチラッと見るだけに。

教会の名にあるGrichenkirche グリーヒェンキルヒェ
小路のGriechengasse グリーヒェンガッセ
レストランのGriechenbeisl グリーヒェンバイスル
どれにもついてるGriechen グリーヒェンというのは、ギリシアに関連するよう。

awndc5d61.jpg
と、小路を味わいつつ、来た道を戻って、運河沿いの広場 Schwedenplatz シュヴェーデンプラッツへ。

Schwedenplatz シュヴェーデンプラッツも、直訳すれば、スウェーデン広場
地理的にはかなり遠いけど、何かしらスウェーデンと関連があるのかもしれないな。


散歩は、まだまだ続く。

食べた分、歩かないとね。


なんでもない街の隅っこだけど、
自転車のある風景が好き^^。

nice!(42)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

nice! 42

コメント 11

マリー

ウィーン最古のレストラン、中も外も素敵でしたね。
教会がもっと凄い!
外もゴージャス、中もゴージャス
観光できると云う事は、有名な教会?建造物?
ですかね。見どころ満載ですね♪

by マリー (2016-01-15 22:32) 

テリー

歴史を感じさせる建物ですね。
西湖のレストランなんて、あこがれますね。
by テリー (2016-01-15 23:05) 

engrid

ぶらり入ったレストランが、最古のレストラン
雰囲気いいわ、立地も、
お料理もおいしそう、ウィーン料理、ホースラディッシュの混ざったソースもとか、、コロッケってどんなのかしらとか、、
小部屋でゆっくりお食事も、豊かな気持で味わえますしね
by engrid (2016-01-16 00:45) 

shino*

アーチのエントラスとランプ
中世に迷い込んでしまったよう
ちょっと怖い雰囲気でもありますね^^

by shino* (2016-01-16 00:45) 

めぎ

あ、ここですね~私がシュトゥルムを飲んだのは♪
白い羽根は知っていたけど、赤い羽根を初めて飲んだのはここです。
でも、何を食べたかはもう思い出せないな~
そのとき一緒だった人が今はすっかりウィーンに根付いて、その後生まれたお子さんもずいぶん大きくなったみたいで、時はどんどん移りゆくんですけど、でもここは見かけも雰囲気も変わってないようですね。
by めぎ (2016-01-16 08:31) 

ハリネズミ

たくさん並んだカラーのロンデル、見ごたえありますね~^^。
最近ハマってるのが西洋わさび。
スーパーで買ったローストビーフについてたのがおいしくて。
本場のはきっともっとおいしいんだろうなぁw。
古い佇まいのレストラン、ウィーンでいちばん古いお店だったなんて、
すてきな偶然でしたね♪。
by ハリネズミ (2016-01-16 08:51) 

ナツパパ

素敵な雰囲気の街並みだなあ。
レストランの教会も、独特の色合いがあって、惹かれます。
思い出に残るひとときになりましたね。
by ナツパパ (2016-01-16 11:48) 

momo

自転車がまたお洒落ですものね~*
街に溶け込んで絵になります。
日本のママチャリではちょっと・・・;

by momo (2016-01-16 16:51) 

miffy

やっぱりこちらへいらしたのですね~
お店の名前をご存じなかったのならサインの間も見てないですよね。
ベートーベンやモーツァルト、シュトラウスのサインがある部屋があるんですよ~
教会のエントランスにあるアーチ素敵ですね。
ランプ、私が持っている真珠のピアスに似ています。
by miffy (2016-01-16 22:06) 

TaekoLovesParis

kamoさんの勘はすごいですね。こんな由緒ある有名なレストランを見つけてしまうなんて。私も次、ウィーンに行ったら、ここ、行きます!
by TaekoLovesParis (2016-01-19 00:19) 

Inatimy

→皆さま「ウィーンでギリシアに導かれ」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。ギリシアの名のついた教会、小路、レストラン・・・でも料理はギリシア料理ではなく、ウィーンのお料理。堪能しました^^。

→マリーさま
レストランのお隣の教会、中はエントランスホールしか撮ってないですが、チラッと覗いた聖堂のも素敵でしたよ。欧州、有名じゃない教会でも中に入れるところも多いです^^。我が家は散歩好きなので、観光ポイントじゃなくても結構楽しんでます♪

→テリーさま
ロシアを旅されたテリーさんだから、こんな教会もたくさんごらんに待ってますものね^^。たまたま入ったレストランが最古のもので、ラッキーな出会いでした。

→engirdさま
雰囲気たっぷりのレストランでした♪ 季節のお料理もあったので、いつ行ってもいいものが食べられそうです。ホースラディッシュとリンゴのピューレのソースは、すごく美味しかったですよ^^。

→shino*さま
教会のエントランスを入ったら、そこは別世界でした。さらに奥の聖堂には、足を踏み入れる勇気もなく。管理のおばさまがいたのも、躊躇う要因に^^;。

→めぎさま
あまり飲むことがない我が家はカシスのネクターでした^^;。喉も渇いてたし・・・。赤い羽根も白い羽もまだ飲んだことがないので、いつもどんなのかしらと想像をふくらませてます。レストランは、めぎさんが昔こられた時のままの雰囲気なんですね。きっとこの先も、変わらないままなんでしょうね〜^^。

→ハリネズミさま
ロンデル、家の窓にも欲しいです^^。ステンドグラスも、モザイクの床も、ガラスブロックの壁も・・・とあれこれ欲しいのがいっぱいで収拾がつかないなぁ・・・。西洋ワサビ、サーモンにはよくついてましたが、ウィーンのターフェルシュピッツで、リンゴのピューレと混ぜるとこんなに肉にも合うとは♪ 我が家、ローストビーフは、ワサビ醤油です^^;。

→ナツパパさま
小路の端にレストラン、その隣が教会、と見所が連なってました^^。午前中だけでもかなり歩いていたので、ゆっくり座れてホッと一息。おいしい料理で体力も復活できました♪ そしてまた暗くなるまで歩いたのでした^^;。

→momoさま
オランダに来てから自転車が身近なものになり、出かけた先でも自転車が気になり、撮ってます^^。オランダ人からすれば、きっと日本の自転車も珍しくって、ママチャリのある風景すごい、って撮ってるかもしれませんね〜。

→miffyさま
サインの間っていうのがあるんですか。全く知りませんでした^^;。事前情報で気になるカフェやレストランがあっても、わざわざそこに行くというのはなく、歩いてて空腹になった時に近そうだったら入る、が多くて。ランプ、本当だ、真珠のピアスっぽいですね^^。

→TaekoLovesParisさま
Kanoさんの鼻はすごく効きます^^。あちこちウロウロした先で、おいしいところ、いいところかどうかを見極めるのもすごく上手なんですよ。ウィーンに旅される時は、是非、ここへ。上でmiffyさんに頂いたコメントによると、レストラン内に著名人のサインの間があるそうなので、そこも是非。
by Inatimy (2016-01-19 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。