So-net無料ブログ作成

運河からパッサージュまで [ウィーン 2014 冬]

見つめ合って、手を握る。


言葉にすると、ロマンチックなのに、

腕相撲だものね。

awndc5d64.jpg
2014年12月に行ったオーストリア旅のお話。 ウィーンでの5日目の続き。

シュテファン大聖堂北塔に上り、北へと向かってアンカー時計を見学。
階段小路に引き込まれ、その端っこにあったレストランで空腹を満たし、
隣の聖三位一体ギリシア正教会に寄り、シュヴェーデンプラッツの広場に戻ってきた後。

awndc5d62.jpg
広場のそば、ドナウ運河に架かる橋 Marienbrücke の途中まできた。 ← マリエン橋?

真ん中あたり、西側には、幼子を抱いた聖母マリアの像。
バラの花の伝うアーチの装飾も美しかった。 なのに、そこに南京錠をつけるなんてねぇ・・・。

awndc5d63.jpg
東側を見ると、船着場が見えた。 向こうに架かる橋が、Schwedenbrücke スウェーデン橋

調べてみると、広場の名にスウェーデンがあるのは、
第一次世界大戦後にスウェーデンウィーンの子供達に行った人道的支援を記念してのことらしい。

awndc5d65.jpg
運河の壁にはいろいろペイントされていた。 記事の最初の一枚もここで。

橋を引き返して、再びローテントゥルム通りFleischmarkt 肉市場という通りを歩いて・・・

awndc5d66.jpg
・・・Ruprechtskirche ルプレヒト教会へ。 

創建が740年でウィーン最古の教会と紹介されてた。 建物自体は11〜12世紀のロマネスク様式らしい。
あいにく、閉まっている時間帯だったので、中へは入れず。

それに、辺りを警官が警備。
そんな中、あまり建物の周りをウロウロするのもなんなので、外観を数枚撮って次へ。

awndc5d67.jpg
ジグザグに道を歩いて出てきたのは、Judenplatz ユダヤ人広場

そこに建っていたのは、レッシング像
Gotthold Ephraim Lessing ゴットホルト・エフライム・レッシング(1729-1781)。
ドイツの詩人、劇作家、思想家、批評家で、1775〜1776年にウィーンにいたらしい。

awndc5d68.jpg
その広場から、足元の石畳をも見つつ、ウィーン市時計博物館の方へと抜けて・・・
                  ↑ 写真の奥に見える建物。

awndc5d69.jpg
・・・Kirche Am Hof アム・ホーフ教会の建つ広場のクリスマス・マーケットを通り・・・

awndc5d70.jpg
・・・すぐ近くのFreyung フライウングの広場にあるクリスマス・マーケットへ。

ウィーン到着日のにも来たが、明るい時間帯だと雰囲気がまた違う。
 ※ に訪れた時のお話は、コチラ

awndc5d71.jpg
カゴを売ってる店も出てる。 じっくり見ると欲しくなるので遠目で。

帰りの飛行機、カゴを持って搭乗・・・というのも、う〜ん・・・と迷った挙句。

awndc5d72.jpg
ウィーンクリスマス・マーケット、あちこちで開催してる中、私の好みは、ここフライング広場の。

屋台でじーっと見つめる私の視線を察知して、Kamoさんが幾つか手工芸品を買ってくれた。

awndc5d73.jpg
クリスマス・マーケットに並ぶ屋台の裏の壁を使って描いてある絵。

聖母マリアやナザレのヨセフが見守る幼子イエスのもとへ、東方の三博士が訪れるシーン。

バスも通る石畳の道なので、撮る時は気をつけて。

awndc5d74.jpg
そして、パッサージュを抜ける。 外ばかり歩くと寒いものね。 

覆いがあるだけでも少し暖かい気がする。

ウィーンに到着した日の夜もここを通っていた。 見事な装飾。

awndc5d75.jpg
通路にある立て看板に一瞬ドキッとする。 あ、でもここはウィーンだ。

オランダだと、COFFEESHOPは喫茶店じゃなく、別の意味を持つので・・・。

awndc5d76.jpg
途中、脇道のアーチの通路の奥に、クリスマスツリーのある広場が見えた。

awndc5d77.jpg
出入り口近くの凝った天井。 アイビーのようなツル植物の装飾だった。

awndc5d78.jpg
振り返って、暖色で撮ると黄金の世界。 こういうところでお茶するのもいいなぁ。

awndc5d79.jpg
さて、目的地まで、あともう少し歩くとしよう。 

ルプレヒト教会の後、ずっと、その目的地へ行く道中なのだった。


教会から10分あまりで来られる道を、1時間以上かけて移動してる我が家ふたり・・・。
それは、ウィーンの街は魅力あるものがいっぱいだから、ということで。
クリスマス前の時期は特にね。


ふたりとも歩調は同じで、歩く速さは遅い方ではないから、
それだけ立ち止まって、何かを見てるんだろうなぁ・・・^^;。



結論: 道草を食うのも、好奇心が満たされて、楽しいものである。

nice!(36)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

nice! 36

コメント 18

luces

石造りの街の冬も人がいて灯りがともると
暖かそうです。
by luces (2016-01-22 22:23) 

(。・_・。)2k

石畳 なんとも言えない雰囲気ですねぇ
こういうところ撮ってみたいなぁ

by (。・_・。)2k (2016-01-23 00:10) 

マリー

「クリスマス・マーケットに並ぶ屋台の裏の壁を使って描いてある絵」
国に依って壁に描かれる絵も違いますね~^^;

by マリー (2016-01-23 07:27) 

mitu

道草ばかりの人生なのですが・・・♪
by mitu (2016-01-23 08:14) 

ハリネズミ

かご屋さん! なんて魅力的なんでしょう^^。
こういうお店の店先のポストカード、持ってます。
ときどき眺めては、「あ、このかご、欲しいなぁ」とか思ったりw。
かつてスイス横断の旅をしたとき、初日のマイエンフェルトでマルシェバッグを
買って、その後ほぼ毎日の電車移動を続けたことを思い出しました。
しかも同日、アンティークショップでアルミのコランダーも2点お買いあげして
それもリュックに入れての移動だったけ^^;。
旅先ではいつも以上に物欲が旺盛になってしまう私、ちゃんとガマンできる
Inatimyさんを少しは見習って旅の達人になりたいものです。
by ハリネズミ (2016-01-23 09:06) 

akko

わーかご屋さん見たいわ〜♡
by akko (2016-01-23 11:22) 

母ちゃん

私もかご屋さんが気になります♫ 買ってしまうとかさばるから、ホントみないようにしないと(^_^)
by 母ちゃん (2016-01-23 14:15) 

ぴーすけ君

石畳がいいですね~
東京はコンクリートの道ばかり 海外から来た友人たちは
皆が 道がすごく整っていることにビックリされます。
by ぴーすけ君 (2016-01-23 15:25) 

めぎ

運河の写真を見るとブルブルって震えます・・・寒そう~~
冷え込みは和らいでプラスになったこの週末ですけど、石造りの壁がすっかり冷えちゃったのか、この週末、部屋がなかなか温まらなくて。
お写真拝見していたら、またヨーロッパの町歩きの旅もいいな~って思えてきました。
でも、もうちょっと暖かくなってから♪
by めぎ (2016-01-23 19:10) 

ナツパパ

良いなあ、街歩き!!!
ゆっくりと周りを見ながら歩いていったら、
たくさんのものに出会えそうです。
アーケード内の店でお茶、わたしもしたい!!
by ナツパパ (2016-01-23 21:01) 

テリー

石畳の道がいいですよね。クリスマス・マーケットの絵、覚えていません。私がウィーンに行った後に、描かれたものかな。
by テリー (2016-01-23 21:24) 

miffy

パッサージュ、綺麗ですね~
素敵な天井を見ながらお茶したいです。
コーヒーショップ、オランダでは合法ですものね。
喫茶店はコーヒーハウスでしたよね。
石畳の道のお散歩良いですよね~

そういえば、以前南米でカゴ買って機内に持ち込みした事あります^^;

by miffy (2016-01-23 21:55) 

shino*

カゴ屋さん気になりますね
写真撮ったり買い物したり
まっすぐ歩けないだろうな~^^
by shino* (2016-01-23 23:25) 

kaname

石畳、いいですよねぇ~♪
カゴも色々欲しいけれど沢山買ってしまうと嵩張るから
持って帰るのが大変そうですよね。
あ、送ればいいのか!いや送料が高くつくのか・・・
と、ケチな想像までしてしまいました(^o^)丿
道草って楽しいです♪
ツマ。
by kaname (2016-01-24 04:25) 

アールグレイ

ウィーンの街並み、美しいですね。
マリア様の像も溶け込んでいますね。
アーチの通路がまた素敵で、天井のアイビーの装飾が手が込んでいて美意識の高さを感じます。
by アールグレイ (2016-01-24 09:27) 

カエル

いつかパッサージュでコーヒー飲もう!
by カエル (2016-01-25 12:49) 

engrid

街歩きいいな
クリスマスツリーが見える通りとか
通路のcafe,ひながお茶していそうです
壁のアート、楽しいね
by engrid (2016-01-25 18:24) 

Inatimy

→皆さま「運河からパッサージュまで」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。クリスマスマーケットをメインに見に行った割には、あちこちかなりの見所も抑えていたなと写真を見返して思いました^^。旅に出ると欲張って街歩き。

→lucesさま
ウィーンは思っていたほど寒くはなく、暖色系の明かりでホッとできる雰囲気でした^^。視覚的にも温もりを感じますね〜。

→(。・_・。)2kさま
石畳のある街っていいですよね〜。でも歩くときには十分気をつけないと、たまに斜めになってたりして足を捻挫したりするのでした^^;。

→マリーさま
緑の色がヴィヴィッドなところが、また現代風で、宗教画っぽくないですよね^^。エアーブラシ使ってるのかな。

→mituさま
道草は人生を豊かにしますよね^^。足元の植物を見たり、木の上の鳥を見上げたり♪ いい発見もいろいろです。

→ハリネズミさま
かご屋さん、いいですよね〜。あれもこれも欲しくなるから、あえて近づかないようにしました・・・。私も過去旅先で、最初に泊まった街でいきなりその地の食器に一目惚れし購入、フラッと寄ったデパートでフライパンを買ったり・・・。日本からトートバッグ1個で旅に出たのに帰りは現地で買ったスーツケースにお土産入れて帰ったりも^^;。我慢は難しいです・・・。

→akkoさま
かご屋さん、近づいたら最後、隅々まで見て、手ぶらでは帰れません・・・^^;。

→母ちゃんさま
かご屋さん、大人気♪ 私もかなり誘惑と戦いました^^;。 欲しくなりますよねぇ。

→ぴーすけ君さま
本当に日本は道がとってもキレイ。ゴミも少ないし。でもなぜか歩道の幅がすごく狭くてビックリ^^。ガードレールもすごい数だし。

→めぎさま
かなり気温が下がって冬らしくなったな〜と思ったら、長くは続かず、あっという間に例年の2倍の気温になってしまいましたねぇ。我が家は晴れた日にはガンガン太陽光が入ってくるので、ぬくぬくでした^^。我が家はすっかり長距離移動に耐えられず、近場ばかりでおやすみ過ごしてます・・・^^;。

→ナツパパさま
旅先では、ついつい歩き過ぎになりますねぇ。興味をそそられるものが次々と現れるので、それを追うように進むと、キリがないほど。気がつけばちっとも休まず、昼食だけしか座ってなかったりも^^;。ちょっとお茶する心の余裕、もっと欲しいなぁ。

→テリーさま
クリスマスマーケットのこの絵、毎年あるものなのか、その年によって違うのか、わからず・・・。石畳の道は寒い日は足の裏から冷えてくるけれど、趣がありますよね^^。

→miffyさま
よくご存知ですね〜、そう、koffiehuis コーヒーハウスです^^。カフェも使いますけどね。南米でカゴ買って、機内持ち込み、すごい♪ 日本まですごい距離ですよね・・・ウィーンだったら買ってもよかったかな・・・なんて思えてきました^^;。

→shino*さま
遠目からでも良さげなカゴがあるのが分かりました^^。近寄ったら、絶対何か買ってしまいそうで。いつもと違う旅先の街では、撮ったり眺めたり買い物したりで何倍も時間かかりますね^^;。

→kanameさまのツマさま
送ると送料がという点、ふふ、考えますよね。私、修学旅行でお土産を宅急便で送ったことが^^;。その後の旅でも、旅の終盤に郵便局から日本へ発送したり。でも最近はそこまで買わなくなったな・・・。道草ほど美味しいものはないですよね〜。

→アールグレイさま
ウィーンの街は上品な雰囲気たっぷりで美しかったです♪ パッサージュで装飾を楽しみながらゆったりお茶する余裕もなく、次へと向かって歩いたのでした・・・欲張って歩きすぎですねぇ^^;。

→カエルさま
ウィーンだから、美味しいタルトもあるかもしれない^^。あ、でも甘いから苦手かしら・・・。

→engridさま
アーチや灯りの連なりに弱く、すぐ立ち止まって撮ってしまいます^^;。クリスマスツリーも、街のあちこちに見かけて、いい雰囲気でした♪ 万歩計つけてたら、すごい歩数だったかもしれません・・・普段は運動不足なのに旅に出ると街が誘いますね〜^^。
by Inatimy (2016-01-28 18:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。