So-net無料ブログ作成

デン・ハーグから次の街へ [デン・ハーグ&ゴーダ 2016 冬]

風見鶏は、

ウナギをくわえたコウノトリ


Grote Kerk 大教会(Sint-Jacobskerk 聖ヤコブ教会)のてっぺん。

dh16gd2d1.jpg
かなり間が空いてしまったけれど、12月中旬のオランダ国内旅行(2泊3日のお話の続きを。

列車に揺られて昼頃にDen Haag デン・ハーグに到着し、宿にチェックインした後、
街をぶらぶらと歩き、Mauritshuis マウリッツハイスで特別展を見て、
ライトアップのMadurodam マドゥーロダム夜景撮影した翌日

ゆっくり1時間かけて食べた朝食ブッフェの後、宿をチェックアウトして、買い物がてら駅へ向かう。

dh16gd2d3.jpg
その時は、まさか、前夜にマドゥーロダムで見たミニチュアの建物の本物が・・・

dh16gd2d2.jpg
・・・目の前に現れるとは思ってもみなかったので、ビックリ。

1905年に建てられた衣料品店だったところ。
ユーゲントシュティールの正面で、ウィーン分離派の影響も受けているそうな。

dh16gd2d4.jpg
古そうな建物から、モダンな建物まで、いろんなものがミックスな街。

右の煉瓦の建物はホテル・レストラン。 1423年にはすでにあったという歴史ある店。
建物自体は新しいけど、1660年当時の建物の設計図をもとに少し大きめで再現してある・・・

・・・と以前デン・ハーグに来た時に調べたことがある。

dh16gd2d5.jpg
で、Den Haag Centraal デン・ハーグ中央駅から列車に乗って20分弱で着いた、次の街。

駅から左手に伸びる道をズンズンと歩いて街の中心へ。

dh16gd2d6.jpg
マルクト広場に面してWaag ヴァーフ・・・計量所が建っている。

1668年に建設が始まったという古い建物。

dh16gd2d7.jpg
ファサード(建物正面)にあるレリーフ。 何を量っているのかというと、チーズ

現在、計量所は、ゴーダ・チーズ・ミュージアムとして使われているよう。

dh16gd2d8.jpg
そう、2日目に訪れたのは、Gouda ハウダ。 日本ではゴーダと呼ばれている街。

4月から8月くらいまでは、広場でKaasmarkt カースマルクトチーズマーケットも開催されている。
2006年だったかに見に来たことがあった。

dh16gd2d9.jpg
マルクト広場の中央に建つのは、Stadhuis van Gouda ゴーダの市庁舎

10年ほど前、チーズマーケットを見た後に、この市庁舎の中も見学した。
結婚式が行われる間とか、会議室を見た覚えがある。

dh16gd2d10.jpg
市庁舎の前には大きな生木クリスマスツリーがあった。

毎年、ノルウェー姉妹都市から贈られるのだそう。 に乗って運ばれてくるみたい。

dh16gd2d11.jpg
だの、クリスマスボールだの、キャンディーの形だの、飾りも様々。

dh16gd2d12.jpg
市庁舎の建物は、1448年に建設が始まり、1450年にオープン。

その後何度か改築、増築されてる模様。 
煉瓦造りの建物が多いオランダゆえ、石造りなところがリッチな感じ。

dh16gd2d13.jpg
建物の東側には、時計が付いていて、その下にカリヨンが。 さらにその下には人形が付いてる。

が長くて、弱々しく、夕方みたいな光だけれど、これで時間は13:20頃。 まだまだ昼間

マルクト広場でお昼を食べようと狙っていたお店は、満席で断念・・・。

dh16gd2d14.jpg
広場から小路を抜け、運河沿いへ。 宿のチェックインまで時間があったので寄り道。 

赤い煉瓦教会の名前は、Gouwekerk ハウウェケルク
建物自体はそんなに古くはなく、1902年から1904年にかけて建てられたネオ・ゴシック建築

dh16gd2d15.jpg
中では何やらイベントの準備中。 ステージが設置されていた。

でも写真は撮ってもいいってことだったので、邪魔にならないようにおとなしく。

dh16gd2d16.jpg
側廊からズームして撮ったステンドグラス

もともとはカトリック教会だったのだろうけれど、
ここも他の多くの教会のようにイベント会場と化してるのかもしれないな・・・。

dh16gd2d17.jpg
入ってきたエントランスの方を見たところ。

あぁ、さすがに14:00近くともなれば、お腹がすいてフラフラ・・・ということで・・・

dh16gd2d18.jpg
・・・教会で軽くお昼をいただいた。 実は、中に入った時から気になってて。

エルテンスープ(エンドウ豆のスープ)2つと、ハムの挟んだパンチーズの挟んだパンを。 
ふたりで7ユーロ(約840円)で済んだ。

いつもやってるわけじゃなく、この日は特別だったよう。

dh16gd2d19.jpg
アーチが作り出す美しいフォルムを見ながらのスープは格別。

dh16gd2d22.jpg
食後、ゆっくりと周歩廊を歩き、ステンドグラスを見る。 青衣をまとっているのは聖母マリア

dh16gd2d23.jpg
これは、最後の晩餐のシーンだな。

聖書を詳しく読んだことがないので、あと分かるのは、

dh16gd2d20.jpg
見所はステンドグラスだけじゃなく、床のタイルも。

dh16gd2d21.jpg
一枚一枚のタイルの組み合わせが、見事な模様を作り出していた。

こういうのって、いいなぁ。
自分でタイルを敷いてみたい・・・って毎回思う^^。


タイル、モザイク、寄木細工・・・床の装飾って、
踏んでしまうのがもったいなくなるよね。

nice!(48)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

nice! 48

コメント 14

engrid

大きな樅の木に、たくさんの飾り
ふと思ったの、どうやって下げるの、、とっても綺麗
素朴で、電球のキラキラでないのが好き
タイルの床、いいね、、自分で貼れたら楽しいよね、、間違ったら大変だけどね、、でもいいな、、、お玄関の上がり口だけでもいいな
by engrid (2017-02-08 00:51) 

めぎ

クリスマス前の雰囲気、素敵ですね~
コウノトリさん、ウナギ咥えているとは・・・グルメなのね♪

by めぎ (2017-02-08 06:57) 

匁

ありがとう。
計量検定所の壁面の天秤楽しませていただきました。
by (2017-02-08 09:08) 

akko

ステンドグラスが素晴らしいですね~^^
うっとり♩
by akko (2017-02-08 09:14) 

(。・_・。)2k

うなぎを咥えてるコウノトリとは
また 凄いですね

by (。・_・。)2k (2017-02-08 10:44) 

アールグレイ

お久しぶりです^^
オランダでの国内旅行。すごく素敵な街並みですね。
古い建物からモダンな建物まで、なんて美しいのでしょう。
歩きながら、目に飛び込んでくる景観がいいでしょうね。
市庁舎も、お城のよう。
教会で食事もできるのですか。内装を見ながらのお食事も良さそう^^
ステンドグラスやタイルも素晴らしいです。
by アールグレイ (2017-02-08 20:12) 

luces

見上げるような立派な建物ばかり
首が疲れそうとおもったら、足元も良いですね
by luces (2017-02-08 21:12) 

KAZ

教会って神秘的で良いなぁ
エンドウ豆のスープも気になる~(^^ゞ
by KAZ (2017-02-09 08:39) 

miffy

クリスマスツリーすっごく大きいですね~
船で運ぶのも立てて飾り付けるのも大変そう。
素敵なステンドグラスや床のタイルを見ながらだとエルテンスープが
一層美味しく感じられるでしょうね。
by miffy (2017-02-09 14:21) 

竹口要

市庁舎、市庁舎と思えないような素敵な建物ですね!
それからそれからステンドグラスも勿論ですが
やっぱり床がぁーーー!!
確かに踏むのが勿体なく、ずっと眺めていたくなるような・・・。
模様をもう少し小さくして、こういうデザインのスカートなんかあっても
可愛くていいなぁーと想像してしまいました♪
ツマ。
by 竹口要 (2017-02-09 17:07) 

mitu

エンドウ豆のスープ、美味しそうですね^^
自転車と花のある風景もいいなぁ
それと、風景の中の赤い色が印象深いです(赤い服を着た人物や旗等)

by mitu (2017-02-10 07:07) 

ぴーすけ君

いっぱい窓のある建物、室内は光が差し込んで
景色もいいんでしょうね~。
by ぴーすけ君 (2017-02-10 11:19) 

ナツパパ

変わらない街並みはそれだけでうらやましいです。
東京の、あっと言う間に変わってしまう街並みは辛いです。
それが街の活気...という人もいるようだけれど、
それとこれは違うように思いますがねえ。
by ナツパパ (2017-02-10 20:24) 

Inatimy

→皆さま「デン・ハーグから次の街へ」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。2月なのにクリスマスツリーが登場する話で恐縮です^^;。当初、このゴーダへ1泊2日で旅する予定だったのが、前に日にデン・ハーグ1泊も追加されたという列車での旅。思ったより近かった2つの都市。

→engridさま
もみの木を立てる時にクレーン車を使ってるので、飾りもそんな感じのワゴンのついたのを使ってるのかも^^。一応、電球もついてて夜には灯りもつくんですよ。すごくシンプルですけどね。自分が気に入ったタイルを自分で敷いてみたいですよね〜・・・我が家は靴ふきマットが敷いてあるだけ^^;。

→めぎさま
クリスマス、すっかり思い出になった感です。あっという間に2月ですもの^^。ウナギをくわえたコウノトリ、正確にはシュバシコウ、デン・ハーグの紋章なんですよ♪ 本当、なんてグルメなんでしょね^^。

→匁さま
いえいえ、計量所のレリーフ、気に入っていただけたら嬉しいです^^。

→akkoさま
カラフルな色使いで、ステンドグラス、とっても綺麗でした。晴れてたのもあるし^^。

→(。・_・。)2kさま
ウナギをくわえたコウノトリ、すごいですよね〜。これを紋章に取り入れたセンスも素晴らしい。建物にも、イルミにも、あちこちに使われてるモチーフなんですよ^^。

→アールグレイさま
お久しぶりです、一時帰国からやっと戻ってきました^^。デン・ハーグにゴーダ、以前は車で来た街でしたが、列車で来るとまた違いますね。駅から歩いて街の中心へと向かうのも、オランダっぽい。日本だったら、街の中に駅がありますものね。教会で食事できたのはこの日が特別だったからなんですよ〜。教会内で飲み食いするなんて、なんだか不思議な感じでした。

→lucesさま
これだけ大きな建物を今の時代のようなクレーンも使わずに建てたのかと思うと、素晴らしい腕前ですよね^^。足元にもお宝のようなタイルの装飾がありました♪

→KAZさま
訪れる街では必ず教会に入ってます^^。上れる時は、塔にも上がったり。エンドウ豆のスープ、美味しいですよ、ソーセージも入ってて。これ、オランダの伝統的な冬の料理です♪

→miffyさま
クリスマスツリー、とっても立派でした♪ ここのを見て、アムステルダムのダム広場のツリーは見なかったという^^;。教会の中で食べるエルテンスープ、なんだか申し訳ない感じもしましたが、とっても美味しかったです。ま、オランダには、本屋になったり、カフェになったりしてる教会もたくさんあるんですけどね^^;。

→竹口要さまのツマさま
おしゃれな建物ですよね、市庁舎♪ 以前中に入った時に見た会議室もかっこよかったですよ。教会の床、オランダの教会はこんなおしゃれなタイルの床が多いので見逃せません。スカートの柄にもいいかも^^。

→mituさま
エンドウ豆のスープ、美味しかったです。ソーセージも入ってるんですよ^^。オランダの冬のお料理♪ 自転車を見ると、撮っておきたくなりますね〜。ゴーダの街の旗が赤と白。市庁舎の窓扉の赤と白はそこからきてるのかも。そう言われると、赤い服、案外多いですね〜。

→ぴーすけ君さま
窓は大事ですよね〜。オランダはお日様を取り込もうと窓が大きいかたくさんあるか^^。曇ってる日も多いから、外の光、大事です〜。

→ナツパパさま
ダッチデザインでも有名なオランダ、ええっ?と思うような斬新な建物もあるんですが、なぜかうまく調和してるんですよね〜^^。長く残るデザイン、それは素敵ですよね。活気だけを考えてないのが大事なのかも。
by Inatimy (2017-02-13 01:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。