So-net無料ブログ作成

曇天だと怪しげに・・・ [オーレスン 2017 夏]

ただ雨風をしのげばいいわけでなく、楽しく暮らす。

装飾デザインの凝った建物は、
思わず足を止めて見入ってしまう。

nw17m11b28.jpg
7月上旬、夏休みに行ったノルウェーの街、Ålesund オーレスンでのお話。4日目の続き。

午前中をAksla アクスラ山展望台Ålesund kirke オーレスン教会で過ごし、遅めのランチ
赤い灯台の対岸の埠頭から海沿いを歩いて、ショッピングモールでぶらぶらし、お茶タイムした後・・・

坂道を下り、リサイクルショップに入ってみたり・・・

nw17m11b29.jpg

・・・ターミナルに停泊していた大型客船をちらっと眺めたり。

AIDA bella・・・アイーダ・ベラ、その赤い唇の船はイタリアからだったみたい。

すっかり青空が消えてしまい、あまり冴えない感じで写ってしまったけど。
欧州からへとはるばるやってきたんだな。


nw17m11b30.jpg

そして、通りをへと歩く。 この家も1904年大火災の後、1905年に建てられたもの。
築112年・・・こんな表現をすると、ますます長い年月を感じるな。


nw17m11b32.jpg 

こちらの建物も、建てられたのは1905年。 

内部は時代の流れにつれて、使い勝手がいいように改修されたりしてるのだろうけれど、
外観は昔のままを保っているところがいいよね。


nw17m11b31.jpg

交差点に面したベランダにのシルエットのプレート。
かなり小さくて見えづらいけど、クリーム色の雨樋パイプには、シブい緑の花飾りもついてるのだ。

この時、歩いていたのは、Keiser Wilhelms gate カイセル・ウィルヘルムス・ガータ

オーレスン教会の記事でも触れたように、
大火災の際に大量の救援物資を送ったドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の名にちなんだ通り。


nw17m11b33.jpg

ただ、天気のせいもあって、どんよりと薄暗く、寂しげな通りに見えた。
Kamoさんは、ひょっとしたらあんまり治安が良くないエリアなのかも・・・と写真も撮らず・・・。
なので早く切り上げて賑やかな方へと戻っていった。

晴れた青空の下でだったら、また違っていたんだろうなぁ。


nw17m11b34.jpg

1929年に建てられた郵便局。 でも、今は郵便局だけでなく、いろんな他のオフィスにもなってるよう。 

オランダ郵便局はどんどん数が減って、
スーパーとか、雑誌やタバコを売る店舗郵便サービスを提供する一画があったり。

ノルウェーもそんな感じなのかな。


nw17m11b35.jpg

薬局の建物にあったライオンの顔。 ミュージカルの「ライオンキング」のポスターのに似てる。

エントランスや窓に円柱があったり、建物自体も元は銀行だったのかなと思わせるような立派な石造り


nw17m11b36.jpg

曇天、ますます怪しげな空の色。 なのに光が差していて。

島をつなぐを渡って、アールヌーヴォー博物館あたりまで戻ってきた。


nw17m11b37.jpg

これも1905年。 大火災の翌年のこの年は、本当に建築ラッシュだったみたい。
あちこちで家が建てられて、復興に向けて急速に街が形作られて行ったんだろうな。


nw17m11b38.jpg

時間は17:15頃。 宿に戻る前に寄り道、もうひと散歩。

Videregående skoleとは、日本でいう高校のことみたい。

この写真では見えないけど、半円窓部分にはステンドグラス
フクロウ羽ペンインク壺、開いたのデザインだった。


nw17m11b39.jpg

エントランスの両側に立つこのランプもオシャレでね。
いいものに囲まれて学習するのって、ものを見る目が養われそうだ。


nw17m11b40.jpg

そこからすぐに見えた建物も凝ったファサードで。


nw17m11b41.jpg

葡萄つる、何かのの装飾が見事。 現在は、インテリアデザイナーさんのオフィスらしい。

さて、このあたりで引き返そう。


nw17m11b42.jpg

学校の前の横断歩道の標識。

スーツ姿帽子をかぶったような人の姿、ちょっと前かがみで急いでる風というのが面白い。
オランダのも似てるけど、頭は単なる円で、もっと人が簡略化されてる。

ちなみに、この標識のあった道路は石畳
微妙に違う色の石を使って、敷き方も変えて縞々にした石畳横断歩道だった。


nw17m11b44.jpg

青銅のと紫のがあるところがアールヌーヴォー博物館。 そこと一体になってる建物の別の側面。

地上階にはアイリッシュパブ


nw17m11b43.jpg

アルファベットの両側には、アザミをモチーフにしてある植物飾り。 窓の上には、何かの


さて、今度はちゃんとまっすぐ宿に帰ろう。
夕飯の時間までもう直ぐだしね。


これで4日目のお話は終わり。 食後の散歩は無しにした。
というのも5日目は、いよいよオランダに帰る日。
宿でゆっくりするのもいいだろうということで。


こうして見てみると、写真、ほんと建物ばっかり。
自分の趣味に笑ってしまう^^;。

nice!(44)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

nice! 44

コメント 12

そら

お洒落な街並みですねぇ!
そして古き良きものを大切に使う、木造ではないから出来るんでしょうけど
日本もお手本にしたい街ですね(^^)
by そら (2017-10-20 18:21) 

よしころん

100歳前後の建物がそこここに!?
地震もほとんどない地域なのかしら。
それにしても見習いたいものですね。
by よしころん (2017-10-20 18:51) 

kabu

建物のドアや窓のデザイン見てるだけでも
楽しいですね^^
建物自体が美しい♪
by kabu (2017-10-20 20:50) 

luces

お洒落な建物が多いですね
曇り空が返って建物を引き立てているようです
by luces (2017-10-20 20:59) 

竹口要

どの建物も品があってオシャレで見ていて飽きません。
細部の拘りを自分なりに発見するのも楽しいですねぇー♪
全然古さを感ず美しいので年代を見てびっくり。
人間もこうあれないものだろうか・・・(*^_^*)
ツマ。

by 竹口要 (2017-10-20 21:24) 

coco030705

こんばんは。
建物が整然と並んでいて、すごくきれいですよね。どの建物もデザインがいいなぁ!それに玄関のところの装飾がお洒落ですね。大型客船も顔が描いてあってユーモラス。=^_^=

by coco030705 (2017-10-20 23:30) 

yokotee

僕の写真も建物多いです
建物好きだね~と言われました(^^♪
シンメトリーだったり扉がや影が良かったり
窓が良かったり・・・いいですよね~
by yokotee (2017-10-21 00:17) 

(。・_・。)2k

ドアがどれもデザインされてて
お洒落ですよねぇ カッコイイなぁ

by (。・_・。)2k (2017-10-21 01:18) 

めぎ

曇ると印象がまるで違いますね~
ほんの少しの光でずいぶんカッコよく見えたり。
最後のお写真の真っ白い壁が眩しくて素敵です。
緑のドアとちょこっと見える影も。
by めぎ (2017-10-21 21:55) 

REE

いつもありがとうございます。
お洒落な建物ばかりですね。
by REE (2017-10-22 06:19) 

miffy

イタリア船はペイントまで明るいですね^^
猫ものってなぜか目についちゃいますよね~
建物はその国の特徴をよく表しているので気になっちゃいますよね。
どれもとってもオシャレですね~
by miffy (2017-10-23 21:52) 

Inatimy

→皆さま「曇天だと怪しげに・・・」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。これを書いてる今も空はネズミ色で雨がしとしと。でも、このくらいの雨じゃ、傘さしてる人はほとんどいない^^;。

→そらさま
少し中心から離れると、木造の家もあるんですよ、大火災を免れた古い建築^^。建て直ししたり、新たに家を建てる時も、周りの環境とのバランスを考えた街づくりがいいですよね〜。

→よしころんさま
築100年以上の建物がゴロゴロ^^。北欧で地震はあまり聞いたことがないですね。ないのかな。オランダでも地震は限られた地方、北東部分だけ。そこは天然ガスの採取が原因のようで、煉瓦の家に亀裂が入ったりして、採取量を減らしてるようです。

→kabuさま
建物好きなもので、外観見るたびにこの家だったらあの部屋がいいな、とか妄想^^。コスト優先じゃなくデザインもちょっとは凝ったのがいいですよね。

→lucesさま
晴れていたら眩しかったり影ができたりして、うまく撮れなかったかもしれませんね。曇りもありかな^^。

→竹口要さまのツマさま
古い築年数の建物でもきちんとメンテすれば思ったより長く保つものなんですね^^。ふふ、人もやっぱりお手入れなのかしら^^;。

→coco030705さま
どこかしらにその家のこだわりの部分がありますよね^^。しかも周りと均衡が取れた造りになってて。大型客船の顔も面白く、際立ってますね〜。船が複数停泊してても、街の観光から戻った時に迷うことがなさそう。

→yokoteeさま
よかった、yokoteeさんも建物好きなんですね^^。そうそう、ファサードの装飾、シメントリー、窓や扉、フォルム・・・いろいろ魅力的です♪

→(。・_・。)2kさま
ドアも凝ってますよね〜^^。上に半円の明かりとりの欄間があるのも好きなところ。こんなドアのある家に住んでみたい。オランダのホームセンターでも、売ってるドアがカッコよくって惚れます。

→めぎさま
怪しげな雲があるのに日が差してて。でも光がちょっとでもあると気分が違いますね^^。撮ってても、立体感があるし。最後の建物、下の階はややグレイがかった壁の色にしてあるのもおしゃれです♪

→REEさま
こちらこそありがとうございます^^。おしゃれな家並みが多くて、家ばかりの旅写真になりました・・・。

→miffyさま
イタリアのクルーズ会社の船、ペイントまで陽気ですよね^^。動物ものは全般的に好きなんですが、猫ものは特に目がいきますね〜。建物は、同じ国の中でも地域によって特色が違ってたりもするので、すごく魅了されます♪
by Inatimy (2017-10-24 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。