So-net無料ブログ作成

DH Keukenhof 2017 [花図鑑]

朝9時の光の中で

青い空に濃いオレンジ色が、心地よかった。

4DWHB1orb.jpg
分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Orange Balloon オレンジ・バルーン
2014年にも撮っていた。 朱に近いオレンジ色の、風船のような大きめな花。

タイトルで略したDHとは、ダーウィン・ハイブリッドの事。

それは旧分類でいうダーウィン系(今で言う、一重遅咲き種に近いもの)と
原種の分類に入るフォステリアナ種交配種で生まれたもの。



4DWHB2btsp.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド 
Beauty of  Spring ビューティー・オブ・スプリング。 春の美。

縁にうっすら滲んだ控えめな赤が、いいアクセント。



4DWHB3gdapd.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド 
Golden APeldoorn ゴールデン・アペルドールン

Apeldoorn アペルドールンは、オランダの都市の名前で、
オランダ王室のオラニエ=ナッサウ家の夏の離宮だったヘット・ロー宮殿がある街。

ゴールデンは、黄色いチューリップの名前によくつく言葉。



4DWHB4jpgrt.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Jaap Groot ヤープ・フロート
これは多分、人名からだと思う。 でもよくある名前で、誰だかわからず・・・。

花の色は、クリームイエローに白や淡い黄緑が入り混じったようなの。



4DWHB5bglv.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Big Love ビッグ・ラブ。 大きな愛。
落ち着いたピンク色。

ふと思い出したのが、"The Book of Love"という曲。 いい歌だった。

2015年くらいににアイルランドのシンガーソングライター、
Gavin James ギャヴィン・ジェームスがカバーして歌っていたのがよくラジオで流れててね。

2010年にはPeter Gabriel ピーター・ガブリエルもカバーしてたらしい。



4DWHB6athjz.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド All That Jazz オール・ザット・ジャズ

ミュージカルや映画の"Chicago" シカゴ のナンバーにそのタイトルの曲があった。



4DWHB7lghdr.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド 
Light and Dreamy ライト・アンド・ドリーミー。 2013年、2016年にも撮っていた。

花の底に黄色が入り、花に近い茎が赤っぽいのも可愛い。



4DWHB8wdpc.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド World Peace ワールド・ピース
世界平和・・・これも2010年、2014年にも撮ってる。

花の底には、青というか墨色のような模様が入るのも、花が開き気味になってきた頃の見どころ。



4DWHB9bzprd.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Bronze Pride ブロンズ・プライド
手前にある黄色にピンク色がそう。 プライドは、誇り、自尊心という意味。

プライドと名前がつくチューリップは他にもあって、
アプリコット・プライドコーラル・プライドオレンジ・プライド
ピンク・プライドレッド・プライドパープル・プライド・・・など色のバリエーションが豊富。



4DWHB10smimp.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド 
Salmon Impression サーモン・インプレッション。 インプレッションは、印象という意味。

他にも、色で想像できそうな
レッド・インプレッションピンク・インプレッションアプリコット・インプレッションや、

雰囲気を表した名の、スウィート・インプレッション(淡いピンクに薄らアプリコット色)、
デザイン・インプレッション(暖色系ピンクに薄らオレンジ色)などがある。



4DWHB11ogqn1.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド 
Orange Queen オレンジ・クイーン。 オレンジ女王。

これで思い出すのは、やっぱりオランダ国王ウィレム=アレクサンダーの母、前女王のベアトリクス。 
オランダ王家はHuis Oranje-Nassauオラニエ=ナッサウ家。 
オラニエオレンジ色という意味もあるから。


4DWHB11ogqn2.jpg

陽の光にまぶしく照らされたオレンジ・クイーン

チューリップの名前には、クイーンの他に、
キングプリンスプリンセスエンペラー・・・などの称号が使われることも多い。



4DWHB12bnlk1.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Banja Luka バニャ・ルカ。

バニャ・ルカボスニア・ヘルツェゴビナの西北部にある街で、サラエヴォに次ぐ大きな都市。
ちなみにボスニア・ヘルツェゴビナは、イタリアの右側にあるバルカン半島にある。


4DWHB12bnlk2.jpg

バニャ・ルカは、とってもなめらかで艶やかや花びらをしていて、
日向では、なんだかプラスチック製の作り物のようにも見えてしまうほど。



4DWHB13csmp.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Cosmopolitan コスモポリタン
世界主義者、国際人という意味。

2010年、2013年にも撮っているのだけれど、だんだん色が濃くなってる気がする・・・。
最初撮ったのは淡い暖色系のピンク色だったし、その次はそれに濃いめの色も入ってた。

そして今回はシッカリした赤ピンクって感じだもの・・・。 
進化するのか、土や日当たりで花の色が変わるのか・・・。



4DWHB14ngt.jpg

分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド Niigata ニイガタ。 18:22の夕方の光の中で。
これはもう、新潟だろうな。


4DWHB14ngt2.jpg

下から見ると、花の底に緑と白が入ってるのが分かる。

日本の都道府県でチューリップといえば、富山だと思っていたけど、新潟も栽培が盛んらしい。
どちらの県花もチューリップなんだそうな。



<ご参考> 色を変えたのが今までに登場したもの。 一重線で消してあるのは撮れなかったもの。
 
オランダ王立球根生産者協会の15の分類
 早生:分類No.1 Single Early 一重早咲き
    分類No.2 Double Early 八重早咲き
 中生:分類No.3 Triumph トライアンフ
    分類No.4 Darwin Hybrids ダーウィン・ハイブリッド
 晩生:分類No.5 Single Late 一重遅咲き
    分類No.6 Lily-flowerd ユリ咲き
    分類No.7 Fringed フリンジ咲き
    分類No.8 Viridiflora ビリディフローラ
    分類No.9 Rembrandt レンブラント
    分類No.10 Parrot パーロット咲き
    分類No.11 Double Late 八重遅咲き
 野生種と野生種優勢なハイブリッド:
    分類No.12 Kaufmanniana カウフマニアナ種
    分類No.13 Fosteriana フォステリアナ種
    分類No.14 Greigii グレイギー種
    分類No.15 Other Species その他の野生種
 
 
・・・と、今回は、分類No.4 ダーウィン・ハイブリッドを紹介。
(写真は、およそ10ヶ月前、2017年4月下旬にさしかかった頃に行ったKeukenhof キューケンホフにて。)



チューリップの写真、やっと折り返し地点越えたかも^^。
でもまだ他の球根植物があったりする・・・。

nice!(43)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 43

コメント 16

よしころん

おー新潟!?
春(3~4月ころ)になると毎年遠征するのですが、私たちが訪れる方面では栽培していないのかなぁ。
新潟のちゅーりっぷ見てみたいな^^
by よしころん (2018-02-23 22:04) 

riverwalk

"The Book of Love"聴いてみました。
いい歌です(^^)
by riverwalk (2018-02-24 00:04) 

そら

どのチューリップも素敵ですが
私はオール・ザット・ジャズが好きかなぁ(^^)
by そら (2018-02-24 06:46) 

めぎ

どれもお空へいっぱいに背伸びしてて可愛いですね~
光いっぱい浴びているのがとても綺麗♪
早く暖かくならないかなあ・・・今日は随分冷え込みました。
by めぎ (2018-02-24 07:42) 

ぴーすけ君

やっぱりチューリップですね~
春らしい色がいっぱい♪
by ぴーすけ君 (2018-02-24 10:31) 

sheri

主人の実家が新潟なんですが、チューリップの頃に行ったことはなく、産地かどうかも知らず…

チューリップ見てると春を感じますね。
by sheri (2018-02-24 18:03) 

mitu

DH・・・体に良さそうな成分の略、みたいな^^
チューリップ、この中では新潟に金メダル!
by mitu (2018-02-24 19:07) 

ふにゃいの

鮮やかな色合い!
チューリップ、ほんと好きです。
淡い色も好きですが
Niigata ニイガタ、いいですね♪
by ふにゃいの (2018-02-24 19:24) 

テリー

富山は、有名ですが、新潟も、チューリップを、生産しているんですね。
by テリー (2018-02-24 19:40) 

miffy

チューリップっていうとやっぱりこの形ですね~
どのチューリップもいいけど、どうしても気になってしまうオレンジ色のチューリップ。
オール・ザット・ジャズもニイガタも好きです♪
by miffy (2018-02-24 23:25) 

みち

クリームイエローのが好きです。
今日はそーゆー気分なのかな?色占いが出来そうです^^
チューリップ=春ですね、早く暖かかくならないかなぁ。
by みち (2018-02-25 00:21) 

engrid

サーモンインプレッション、綺麗
花の色彩も、ぼかし模様の・ようなものまで、色々
そして、シュッとスリムなのから、ぽてっと丸くて愛らしい形まで
色々、見てて目移、、
でも、ウキウキなきもちになってきます
by engrid (2018-02-25 10:10) 

oko

ホントに色々な色がありますね〜
そして本数が凄いっっ
圧巻ですね!!
by oko (2018-02-25 13:42) 

アールグレイ

チューリップもいろいろな名前があって、その由来も興味深いですね。
人名だったり都市名だったり、
バラも有名な人の名前がついていたりして、調べるのも面白いですね^^
ビッグラブなどの落ち着いたピンクも素敵。
どのチューリップも甲乙つけがたい可憐さです^^
by アールグレイ (2018-02-25 16:38) 

kyon

チューリップってたくさんの種類があるんですね。
by kyon (2018-02-25 18:16) 

Inatimy

→皆さま「DH Keukenhof 2017」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。ダーウィン・ハイブリッド、遅咲き種とフォステリアナ種で咲く時期まで変えられるというのも興味深く^^。花の形も良く見かけるものなので馴染みやすいですよね。

→よしころんさま
私もずっと富山という頭だったので、新潟のチューリップ、とってもそそられます^^。新潟にもチューリップ畑の縞々が見られるのかなぁ。

→riverwalkさま
"The Book of Love”聴いてくださって、そしてブログでも紹介してくださって嬉しいです^^。いい歌ですよね〜。ピーター・ガブリエルのカバーも雰囲気ががらりと違ってて。

→そらさま
オール・ザット・ジャズの花の色、キャンディーみたいな美味しそうな色ですよね。

→めぎさま
ほぼ開園から閉園まで丸一日遊んでましたから、途中曇ったりもしたんですが晴れたのも多く撮れてよかったです^^。青空に向かうチューリップ、何度も立ったりしゃがんだりで、足がだるくって・・・。

→ぴーすけ君さま
春と言えばチューリップ、これが無いと物足りなくて^^。お気に入りの色を見つけながら、眺め歩くのはとっても楽しいです。今年もいいのが見つかるといいなぁ。

→sheriさま
ご主人のご実家が新潟とは・・・お話を直に聞けていいですね〜^^。新潟でのチューリップの見どころ、穴場、興味津々です。

→mituさま
タイトルが長いと段に渡っちゃうので、DHにしたんですが、わかりにくかったかも・・・せめてダーウィンHにすればよかったなぁと後で思ったのでした^^;。

→ふにゃいのさま
チューリップ、愛される花ですよね^^。日本で生まれたチューリップも、オランダでたまに見かけるので嬉しくなります。

→テリーさま
私も日本でチューリップと言えば富山しか知らなかったので、新潟は意外でした^^;。

→miffyさま
同じダーウィンハイブリッドの中でも、花びらの色や形、質感で印象が変わりますよね^^。ついつい好みのものばかり撮ってしまって・・・他にもたくさん咲いてるので、miffyさんの好みのチューリップ、もっともっとたくさん咲いてるかも。

→みちさま
その時の気分によって、選ぶチューリップが異なるのも、アリですね^^。昔の写真を見てて、いいなぁと思ったチューリップ、今と昔と違ってたりしてます。あと2ヶ月ほどですね〜、本格的な春まで。

→engridさま
サーモン・インプレッション、このグラデーションは美しいですよね〜^^。曇ってしまったので光がない写真ですが、晴れた空の下だとまた違った美しさだったかなぁ。この花束、欲しいかも。

→okoさま
色も様々、花びらの形も色々で、あれがいい、これがいいと撮ってるうちに大量になってしまう恐ろしさ^^;。花につられて歩き続けてしまいます。

→アールグレイさま
正しい由来かどうかは分かりませんが、チューリップにつけられた名前について知りたくなって、あれこれ検索してしまいますね^^。そうそう、バラも名前が不思議なのが色々。バラ園に行くとチューリップ同様、撮りためてしまいます。

→kyonさま
たくさんの種類があるんですよ〜。私もまさかこんなにあるとは、オランダに来た当初は全く知らなくって、衝撃でした^^;。
by Inatimy (2018-02-27 08:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。