So-net無料ブログ作成

厳しさが見える庭 [ヘルシンキ 2018 夏]

屋根より高く、バラが咲く。

hsk18n5d107.jpg
この赤いバラは、'Flammentanz' フラメンタンツ・・・ドイツ語で炎の舞? コルデス社の作出。


7月初旬、夏休みに行ったフィンランドの街、Helsinki ヘルシンキでの話、5日目の続き。

ウスペンスキー寺院(生神女就寝大聖堂)ヘルシンキ大聖堂の後に向かった
Kaisaniemen kasvitieteellinen puutarha カイサニエミ植物園庭園でのこと。

温室から出てふさふさ・ふわふわな花や、向日葵を見た後・・・

hsk18n5d94.jpg

・・・赤紫のシブい花色。 和名は、タンチョウアリウム(丹頂アリウム)らしい。

学名:Allium sphaerocephalon アリウム・スフェロセファロン
ヒガンバナ科 ネギ属。


hsk18n5d95.jpg

その隣の方には、もじゃっとした丸いツボミの先からピンク色の花が。

学名:Centaurea phrygia セントーレア・フリギア
キク科 ヤグルマギク属。

まるっこいイガイガ系とか、なんか好き。


hsk18n5d96.jpg

色がいいなと思ったバラ。 'Thank You' サンキューという品種らしい。


hsk18n5d97.jpg

淡い色のタチアオイ(立葵)。 私の背よりもはるかに高く。

学名:Althaea rosea アルテア・ロゼア。 アオイ科 ビロードアオイ属。


hsk18n5d98.jpg

オランダでは街の中でも玄関脇などに植えられたりしてて、向日葵よりよく見かける。 
なので、タチアオイを見てを感じるようになった。


hsk18n5d99.jpg

咲き始めたクリームイエローの花。 花蜂もせっせと蜜集め。

学名:Cephalaria calcarea セファラリア・カルカレア。 スイカズラ科(マツムシソウ科)。


hsk18n5d100.jpg

花後の姿も好き。 ちょっぴりイガイガ、うぶ毛なまんまる・・・キュートだな。

セファラリアスカビオサとも似てるけど、また別のものらしい。


hsk18n5d102.jpg

あ、日本らしい色合い、姿・・・と思ったら、フィンランド語 Japaninkurjenmiekka とあった。
ヤパニンクルェンミエッカ・・・日本の菖蒲という意味らしい。

学名: Iris ensata イリス・エンサタ。 日本語では、ノハナショウブ(野花菖蒲)

花の多くはほぼ終わりかけで、ギリギリ。 ヘルシンキで日本に出会えるなんてね。


hsk18n5d101.jpg

ケシ坊主がここにも。

背景がなんとなく寂しい・・・と感じるのは、決して気のせいではなく・・・

hsk18n5d103.jpg

・・・実際にスカスカのところが多い。 

庭園風に花壇の区切りがあるのだけれど、何も生えてないところがほとんどなのだ。
化粧砂利が敷かれているからか、どうも墓地っぽく見えてしまう・・・。

植物園でこの姿・・・きっと育てるのも大変なんだろうな。

北欧だもの、寒さも厳しいだろうし、長い冬がやっと明けても、すぐに暖かくなることもない。
外で植物が芽を出して順調に育つのは当たり前ではなく、枯れたりすることも多いのかもしれない。

そして、短い夏

植物が密集してた温室とのギャップがありすぎて、びっくりするけど、それも納得。


hsk18n5d105.jpg

出口に向かう途中で見かけた作業車は、John Deere ジョン・ディア
トラクターはよく見かけるけれど、これも可愛いな。


hsk18n5d106.jpg

学名:Rudbeckia hirta ルドベキア・ヒルタ。 キク科 オオハンゴンソウ属。
品種名は'Cuppucino' カプチーノ

ルドベキアといえば、黄色や山吹色のものが頭に浮かぶ。 でも、こんな茶色系のも素敵。


hsk18n5d108.jpg

またもや見つけたイガイガの丸っこいの。

学名:Anemone virginiana アネモネ・ヴィルジニアナ
キンポウゲ科 イチリンソウ属。

日本では、ハルザキシュウメイギク(春咲き秋明菊)とも呼ばれてるそうで、
に咲いてるフィンランドとの気温の違いを感じずにはいられない。


hsk18n5d104.jpg

うつむき加減で咲いていたバラは、'New Dawn' ニュー・ドーン
意味は、新しい夜明け・・・かな。


温室はかなりの充実。 でも夏は暑すぎて長居できず。
庭園は植物の数が思ったより少なかった。 

そんなわけで、ほぼ丸一日遊べるかなと予定していたけれど、かなり早く見終わってしまった。
植物園の滞在時間2時間半。 それでも時間は14時前。 どこか食べるところ、探さないと。


☆ ☆ ☆


すみません、ちょっとの間、皆さんのところへ伺うことができそうになく。
たぶん週末には大丈夫かな。 その時にはゆっくりと拝見しますね^^。

nice!(48)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

nice! 48

コメント 14

JUNKO

どのお花もスケールが大きいようですね。
by JUNKO (2018-12-18 20:06) 

そら

ヘルシンキでも菖蒲は咲くんですねぇ!!
なんかホッとします(^^)
by そら (2018-12-18 20:13) 

kame

ジョン・ディアみたいな作業車は見た事がありますが、キャタピラでした。
しかももっとレトロっぽくて。(悪い意味で。(笑)
これはかわいいなぁ。^^
セファラリア・カルカレアとかメッチャ好みです。

by kame (2018-12-18 20:41) 

ma2ma2

6輪の車は面白いですね(^ ^)
by ma2ma2 (2018-12-18 20:50) 

みち

「ありがとう」のバラ、いいな^^
まるっこいイガイガ系、私も好きです。
by みち (2018-12-18 22:36) 

riverwalk

イガイガ系が良いですね。
オキザリス、教えて頂きありがとうございました。
間違いなくオキザリスでした^^
by riverwalk (2018-12-18 23:08) 

Yamamoto

こんばんは、ジョン・ディアは一瞬子供のオモチャと思ってしまいました(^_^メ)
by Yamamoto (2018-12-18 23:44) 

初夏(はつか)

一枚目の写真、
空と「フラメンタンツ」、いいですね~。
「サンキュー」っていう品種のバラも、可愛い♡
忙しいと思いますが、無理せずにゆるりと~^^
by 初夏(はつか) (2018-12-19 06:28) 

めぎ

お花の季節が懐かしいですね。
夏の温室は暑そう・・・2時間半、頑張りましたね~
by めぎ (2018-12-19 06:45) 

ぼんぼちぼちぼち

遥か遠い地で日本の花に出逢えるなんて嬉しいでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-12-19 16:35) 

miffy

トゲトゲ植物私も好きです♪
サンキューという薔薇とカプチーノ色のルドベキアが欲しいです。
14時だと暗くなるまでまだまだ時間がたっぷりありますね。
次はどこへ行ったのかな~
by miffy (2018-12-20 20:51) 

(。・_・。)2k

トラックですかね 可愛い〜
こういうの乗りたいなぁ

by (。・_・。)2k (2018-12-21 00:25) 

kyon

最後のバラが一番好きかも。
ベルばらとか少女漫画に出てきそうなバラですね。
by kyon (2018-12-21 01:03) 

Inatimy

→皆さま「厳しさが見える庭」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。夏の植物園の庭でこの姿ということは、冬に来たら、本当に何にもないのかもしれない・・・・温室以外は、と後で思ったのでした。オランダとは気候の異なる国の植物園、いろんなこと気つかされます。

→JUNKOさま
咲いてる植物の数は少なかったけれど、普段あまり見かけないものが多くて楽しめました^^。

→そらさま
ヘルシンキでまさか日本のショウブの類に出会えるとは思ってもみなかったので、驚きました^^。アイリスだったら、ドイツやフランスでもたくさん見かけたけど。フィンランド、意外なコレクション。

→kameさま
ジョンディアの作業車、こんなタイプもあるんだと見かけて嬉しかったです、トラクターのミニカーを持ってる身としては^^。キャタピラのも見てみたいなぁ。セファラリア・カルカレア、いいですよね。kameさんが撮られたらどんな世界になるのか見てみたいなぁ。

→ma2ma2さま
6輪でしかもタイヤが独特の凹凸。パワフルそうです^^。

→みちさま
「ありがとう」のばら、初めて見た品種だったので、それも嬉しく。色も好き^^。まるっこいイガイガ系、魅力的ですよね〜。そればかりを集めた花束とか、いいだろうなぁ・・・なんて、いつも思います^^;。

→riverwalkさま
我が家にも昔オキザリスの一種があったのですが、引っ越して気候に対応できなかったのか、消滅してしまいました・・・^^;。

→Yamamotoさま
子供のおもちゃだなんて・・・大人でも十分楽しめる代物です^^。トラクターのミニカー持ってるんですよ。働く自動車が好きで。

→初夏(はつか)さま
フラメンタンツ、すごく勢いよ媚びてましたよ。お手入れがいいとこんなにも成長するもんなんだなぁと。サンキューのバラも色がすごく綺麗で^^。この時期何かとバタバタしますよね。毎年十一月・十二月って駆け足・・・。

→めぎさま
本当は丸一日植物園で遊ぶ気満々だったんですよ。でも、以外と気温が高くて温室内は酷暑でした^^;。庭の方も植物の数が少なくて、そこまで広くはなく・・・。

→ぼんぼちぼちぼちさま
意外なところで日本の植物に出会えました^^。そして元気に育ってて、ギリギリ花も見られ。もう2年近く帰ってないので、日本ものは嬉しく。

→miffyさま
北欧の夏ですもんね、暗くなるまでかなりたっぷりと時間はありましたが、歩き続けてるので我が家ふたりの体力が持たず、大抵、早めに部屋でゆっくりでしたよ^^;。

→ (。・_・。)2kさま
ジョン・ディアの6輪の作業車タイヤも丸みを帯びてて、愛らしい感じでした^^。乗りたいなぁ、欲しいなぁ・・・と思うも、これを走らせる庭がないとなぁ。

→kyonさま
ピンク色のバラの背景が白い壁ということもあって、ますますロマンチックな雰囲気ですよね^^。いい匂いもしてましたよ、このバラ。
by Inatimy (2018-12-28 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。